あると便利!一括処理はできるのか?

クレジットカード決済の導入には様々な負担が伴います!

現代ではクレジットカードを持つ人の割合が増えており、実際に店舗などで使用する人が多くなっています。以前のクレジットカードは限られた加盟店のみで利用できることがほとんどだったのですが、近年ではほとんどの店舗でクレジットカードの利用が可能になっているようです。店舗の側にとってクレジットカード決済には、新規顧客の獲得や利用者の拡大が期待できるメリットがあります。一方で決済を利用するためにはカード会社による厳しい審査を受けることや、決済のための設備一式の導入が必要です。さらに利用できるカードの種類が多くなると、月々の会計処理が煩雑になるといったデメリットがあります。これらの負担を最小限に抑えながらクレジットカード決済を導入したいのであれば、決済代行の活用を検討してみましょう。

決済代行を導入すれば一括処理により負担を軽減できます!

決済代行は代行業者との契約を行うことにより、各クレジットカード会社との間における決済業務の代行を一括して委託できるサービスです。クレジットカード会社とは直接の取引ではなく、代行業者を間に挟んで間接的に取引を行うことになります。それぞれのクレジットカード会社に個別に審査を申し込む必要はありませんし、決済に必要な設備も一種類で済ませることができます。さらに取引の相手が代行業者に一本化されることにより、月々の支払いなどの各種事務手続きが一括処理されることも大きなメリットです。決済代行を導入する際には、初期費用・月額費用・決済手数料・オプション料金などの支払いが必要になります。規模が小さくカードを利用する機会が少ない店舗の場合には、決済手数料が安い代行業者を選ぶことで月々の負担を軽減することができます。

© Copyright Settlement Agent Service. All Rights Reserved.