ネットショップには必須??ファイル処理とは?

決済代行サービスの必要性

クレジットカードは大金を持ち歩く必要がなくなり、ネット通販でもわざわざ振り込みにいかなくても良くなるので、非常に画期的ですね。
店舗側、特にネットショップにとってはカード決済ができるできないは、売上を大きく左右する重要な要素になっていますが、クレジットカード決済を個人で導入するには実は非常にハードルが高かったりもします。

個人契約でカード決済機能を作ろうとすれば、システムが全く異なるカード会社一社ごとに、ハイレベルなセキュリティ対策と決済システムを自身で開発しなければなりません。事務手続きも会社ごとに異なり、審査が非常に厳しいのが現状です。
そのため店舗がカード決済を導入するためには、決済代行会社に依頼するのが賢明です。

決済代行会社であれば、審査を一括でき、自力で構築しようとすれば数千万円は下らない国際水準のセキュリティ対策が施された決済システムを提供してくれるので、至れり尽くせりです。

ファイル処理の必要性

現在の決済代行サービスはカードだけでなく、電子マネーやコンビニ決済も請け負ってくれますが、それらも全てひっくるめて管理ツールが一元化されています。しかしだからといって、それだけで滞りなく運営できるとは限りません。何故ならネットショップは商材や規模次第で、数千・数万件もの受注が入る事があるからです。 注文数が激増した場合、1件ごとでしか売上処理をしなければならない管理ツールではとても回せません。そこで必要なのが一覧画面から複数選択してまとめて処理できる一括処理機能ですが、数百~数万件レベルになればファイル処理機能が必須になります。 ファイル処理とは一旦売上データをCSVファイルに移してから一括実行する方法なのですが、なんと一回で数万件もの決済処理ができてしまうのです。 多くの人は決済代行会社に大差ないと考え値段で比較しがちですが、決済管理ツールの性能こそ繁忙期の行く末を左右する程重要な要素です。

© Copyright Settlement Agent Service. All Rights Reserved.